アパート建築費の相場を確認すると予想以上に高い

アパート運営は慎重に検討しないといけない

アパート運営を持ち掛けられました予算をきめるアパート運営は慎重に検討しないといけない

最近は木造よりも軽量鉄骨造りや鉄筋コンクリートが殆どで、これだと2階から4階建てが多く費用はかかっても安全性や耐久性が高いです。
軽量鉄骨造りだと坪単価が約70万円、建築単価だと約21万円ぐらい、鉄筋コンクリートだと大体はマンションになりますが約70万円ほどです。
例えば家族向けで50�uの15戸のマンションで、建築単価24万円だと1戸が1,200万円で全体だと1億8,000万円にもなります。
忘れてはいけないのが、実際にはアパート建築費以外にも様々な費用がかかることで、水道・下水道・教育負担金などの外構工事に駐車場設備費、土地造成費などは別です。
これだけでもアパート建築費に対して1割から2割かかり、アパートの建築費が5,000万円でも、これらの費用として別に500万円から1,000万円はかかってきます。
中には、最初はうまく運営がいっていても途中から収入が減って困っているという人もいたりします。
アパート運営をするのもやはり慎重に検討しないといけないようです。